求人の募集に関するQ&A


 

Q1 零細企業のため労働保険、社会保険は加入していないが求人できるのか 

Q2 就業規則を作っていないが求人はできるのか 

Q3 求人票の内容を変更したい 

Q4 求人の内容を変更したいのですが紹介期限日を過ぎた求人を再度申し込みできますか

Q5 将来(6か月先)採用するような求人を出せますか

Q6 試用期間はどう表示すればよいですか

Q7 募集人数を若干名、賃金を15万以上詳細面談とすることはできますか

Q8 全額歩合制の求人は出せますか

Q9 女性事務員の後任募集の為、女性限定で求人をだせますか

Q10 合否結果の連絡はするのですか

Q11 体力が必要な業務のため、30歳未満限定求人を出せますか

Q12 事業所の名称、所在地を変更した時の手続きは

Q13 法人の代表者が変更となった場合

Q14 事業譲渡で授業員が別会社に移る場合 

Q15 求人票の条件変更で、FAXで依頼できる項目は 

Q16 求人票を出すに当たって守らなければいけない労基法は?

Q17 会社の写真を登録することはできますか? 

Q18 賃金の相場を知りたい

Q19 残業手当込の賃金で掲載できますか?

Q20 窓口は何時ころが空いてますか

Q21 地図の登録はヤフーやグーグルなどのインターネット上インターネットの地図でも登録できますか? 

Q22 土曜日は月1回出勤がありますが、「土曜日休み」と表示できますか?

Q23 求人有効期間内ですが、受付日が古くなったので、出しなおすことはできますか?

Q24 求人票の記載条件と違う内容で雇用することはできますか?

 

 


 

Q1 零細企業のため労働保険、社会保険は加入していないが求人できるのか 

 A.労働者を雇用する事業所は、雇用保険法や厚生年金保険法等の法律に基づき、各種保険への加入義務があります

     ので、加入手続きを済まされたうえで求人の申込みをお願いします。なお、求人申込みの時点で従業員がいない

     場合は、採用後すみやかに加入いただくことを前提として申込みいただけます。

 

 

Q2 就業規則を作っていないが求人はできるのか 

 A.労働基準法89条の規定で、常時10名以上の労働者(パート労働者を含む)を使用する使用者は、就業規則を作成し、

   労働基準監督署に届け なければなりませんので、就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出た上で求人の申込

     をお願いします。

 

 

Q3 求人票の内容を変更したい 

 A.お申し込みいただいた求人の変更はFAXにてご連絡ください。

   ただし、職種・就業場所・フルタイムからパートまたはパートからフルタイムの変更についてはFAXでの変更は

   できません。 別途新たに求人申込書をご提出いただく必要があります。

 

 

Q4 紹介期限日を過ぎた求人を再度申し込みできますか

 A.前回と同じ職種・就業場所の求人申し込みであれば、前回の募集終了後2年以内は新たに求人申込書を記入して頂く

   必要はありません。前回求人票と連絡票に必要事項を記入の上FAXにてお送りください。  

 

  

Q5 将来(6か月先)採用するような求人を出せますか

 A.ハローワークには、仕事を探している方々が多く来所されますが、ほとんどの方がすぐにでも就職したいと願っており、

   採用内定があってから実際に仕事に就くまでの期間が長ければ長い程、本人の不安は大きくなるものです。このため、

   採用予定の1~2カ月くらい前にお申込みいただくのが適当です。

 

 

Q6 試用期間はどう表示すればよいですか

 A.試用期間を設けておられる場合は、「求人申込書」の試用期間欄へその旨と期間を記入してください。

   また、求人申込書の求人条件と試用期間中の条件が異なる場合は、その条件についても記入してください。

   なお、試用期間中は不安定な立場におかれますので、本人の能力や適性を判断するための最小限の期間とすることが

   望ましいでしょう。また、試用期間中であっても14日を超えて引き続き使用した場合は、解雇の予告又は解雇予告手当

   の支払いが必要となります。

 

 

Q7 募集人数を若干名、賃金を15万以上詳細面談とすることはできますか

   また勤務場所が未定の場合も求人を出せますか

 A.職業安定法第5条の3(労働条件の明示)の規定に基づき、求人者は業務内容及び賃金、労働時間その他の労働条件を

   明示することとなっていますので、このような条件での募集はできません。採用後の労働条件のトラブル等を避けるため

   にも、過大・不明瞭な表現は避けていただき、具体的な条件の明示をお願いします。また、就業場所も明示義務が

   ありますので、就業場所が具体的に確定してから求人を申し込む必要があります。 

  

Q8 全額歩合制の求人は出せますか

 A.ハローワークで求人として取り扱うのは、「雇用関係」を成立させるための募集であり、直接雇用に結び付かないものに

   ついては求人として取り扱うことができません。

   【例】派遣労働者の登録募集・全額歩合給の営業員・代理店契約などの業務委託によるもの、職業安定法・

      労働基準法等各種法令に違反する求人も取り扱いできません。

 

 

Q9 女性事務員の後任募集の為、女性限定で求人をだせますか

 A.募集に当たって周りの社員や前任者が一方の性であることを理由としてその対象をその性のみとすることは、男女

   雇用機会均等法に違反します。今まで「事務職」や「パート職」は女性ばかりだからといって女性を採用したいということ

     ですが労働者を募集するときに 重視すべきは「性別」ではなく、「その方の能力・適性が、その業務に適しているか

     どうか」です。男女雇用機会均等法の趣旨をご理解いただき、公正な採用選考を行ってください。 

 

 

Q10 合否結果の連絡はいつまでにするのですか

 A.応募者にとって「応募書類を郵送したが連絡がない」「面接を受けたがその後連絡がない」というのは、非常に不安な状態

   で待機していることになります。応募者から問い合わせをしたくても「催促がましいと受け取られて印象が悪くなるのでは」と

   差し控えている方も多く、「会社から連絡がないのですが・・・」とハローワークへ相談される方がたくさんいらっしゃいます。

   応募者は少しでも早く就職して会社への貢献や生活の安定を得るために一生懸命に就職活動を行っておられます。

   応募者の立場に立って考えれば、不必要に待機期間を延ばすことは合否に関わらず避けていただくとともに、もし連絡が

   当初の予定よりも遅れる場合はその旨を応募者の方にご連絡いただきますよう併せてお願いいたします。

 

 

Q11 体力が必要な業務のため、30歳未満限定求人を出せますか

 A.労働者の募集及び採用の際には、原則として年齢を不問としなければなりません。年齢制限する場合には雇用対策法

   施行規則で定められた例外事由に該当することが必要です。詳しくはこちら

 

 

Q12 事業所の名称、所在地を変更した時の手続きは

 A.求人票の内容は自動的には変更されません。「雇用保険事業主事業所各種変更届」の処理が完了しましたら、

   「雇用保険事業主事業所各種変更届事業主控」が返戻されます。それを求人担当部署へ提示し、求人票の内容

  変更手続きを行ってください。

 

 

Q13 法人の代表者が変更となった場合

 A.FAXにてご連絡ください。

 

 

Q14 事業譲渡で授業員が別会社に移る場合

 A.被保険者が別法人に移る場合は、原則的には資格喪失と資格取得の手続きが必要です。しかし、営業譲渡など

   の場合で、元の事業主と譲渡先の事業主に同一性が認められれば、その譲渡に伴って移動する従業員に関して

      は転勤手続きを行うことになります。この同一性の有無はハローワークで確認することになりますので、

      ハローワークでお渡ししている「新旧事業実態証明書」と譲渡契約書などの確認資料の提出をお願いします。

 

 

Q15 求人票の条件変更で、FAXで依頼できる項目は 

 A.ハローワークにデータが残っている求人(同職種、同就業場所等)はできます。

     ただし、職種や就業場所、フルタイム⇔パートの変更はFAXではできません。

 

 

Q16 求人票を出すに当たって守らなければいけない労基法は?

 A.こちらをご確認ください。(「労働基準関係法令のあらまし」)

 

 

Q17 会社の写真を登録することはできますか? 

 A.できます。社屋や作業場の写真、会社案内などを窓口までお持ちください。

   ※なお、データでの受け付けはできません。 

   こちらをご確認ください。 

 

 

Q18 賃金の相場を知りたい

 A.こちらをご確認ください。(ハローワーク布施ホームページ内「賃金・統計情報」)

 

 

Q19 残業手当込の賃金で掲載できますか?

 A.残業手当は分けて記載してください。

   こちらもご確認ください。(求人票の明確な記載に係るリーフレット)

 

 

Q20 窓口は何時ごろが空いてますか

 A.午前中が比較的空いております。

 

 

Q21 地図の登録はヤフーやグーグルなどのインターネット上の地図でも登録できますか? 

 A.できますが、真っ黒になったり真っ白になったりしますので、手書きをお勧めします。

 

 

Q22 土曜日は月1回出勤がありますが、「土曜日休み」と表示できますか?

 A.その出勤が休日出勤の扱いであれば土曜日休みと表示できます。そうでなければ表示はできません。

 

 

Q23 求人有効期間内ですが、受付日が古くなったので、出しなおすことはできますか?

 A.有効期間中に、単に受付日が古くなったからと言って出しなおすことはできません。 

 

 

Q24 求人票の記載条件と違う内容で雇用することはできますか?

 A.原則、求人票と異なる内容の条件で雇用することはできません。

   また、雇入れ時には必ず労働条件通知書を書面で交付し、条件の相違がないかよく確認してください。 

   こちらもご確認ください。(職業安定法改正)

 

 

 

 

 

 

 

ハローワーク布施 〒577-0056 東大阪市長堂1-8-37 イオン布施駅前店4F

TEL : 06-6782-4221

Copyright(c)2000-2006 Osaka Labour Bureau. All rights reserved.