ホーム > 各種情報 > ジョブ・カード制度について

 

 

身近になったジョブ・カードをもっと活用しましょう! 

求職者と企業を繋ぐ支援ツールであるジョブ・カードが、在職者、学生にも使いやすくなりました。

ジョブ・カードは「キャリア・プランシート」「職務経歴シート」「職業能力証明シート」で構成されており、キャリアコンサルティング等の相談のもと生涯を通じた「キャリア・プランニング(職業生活設計)」及び「職業能力証明」のツールとして、さまざまな場面において活用できます。

 

こんなに使える ジョブカードを強い味方に 

 

 求職者

職業能力証明の関連情報が盛り込まれたジョブ・カードは、履歴書だけでは理解されにくい職業能力を証明するツールとして有効に活用できます。 また、これらジョブ・カードに蓄積した情報から自分で必要な情報を択し、抽出・編集して活用することができます。

 

 自分を磨いてスキルアップした証しになる 

教育訓練実施機関で職業訓練を受講すると、教育訓練実施機関が訓練成果を評価し、その成果をジョブ・ードに記載するので、職業能力の証明に活用することができます。 

 

  働きながらスキルを身に付けてキャリアアップ 

●個人の履歴や、キャリアコンサルティング等を通じた職業経験の棚卸し、キャリア・プラン等の情報を、ブ・カードに蓄積するとともに、 その後のキャリアコンサルティング等の際には、蓄積した情報を抽出しきます。

●実務経験を通じ発揮される職業能力を、企業がジョブ・カードを活用して評価することで、キャリア形成の促進、職業能力の見える化が進みます。

●教育訓練給付の対象となる専門実践教育訓練においては、受講前にジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングを受けることで、モチベーション、訓練効果が向上し、その訓練の受講をその後の職務に活かすことができます。 

●雇用型訓練(企業が訓練生を雇用して行う実践的な職業訓練)の際に活用することにより、訓練成果を業界共通の「ものさし」で評価できます。なお、一定の要件を満たす場合には、当該訓練を実施した企業が国からの助成金を受けられます。 

 

  学生の時から活用すれば未来が見えてくる 

キャリア教育プログラムの実施や就職活動の際に、インターンシップ 、キャリア教育の状況、自らの目標等をジョブ・カードに記入して活用できます。

 

 

ジョブ・カードは生涯活用できる財産です 

ジョブ・カードは個人の履歴や職業経験等の情報を蓄積できるので、就職活動期間以降も、生涯を通じたキャリア・プランニングのツールとして、自分で管理しながら活用できます。

 

image1.png 

ジョブ・カード活用の流れについて

ジョブ・カードに関するよくあるお問い合わせ 

 

 

ジョブ・カード制度総合サイトのリンクはこちら

ジョブ・カードの記入の仕方、考え方を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

  


○ジョブ・カード制度における実施方針

  平成27年度大阪府地域ジョブ・カード運営本部第2回会合議事概要(H27.9.28開
  
 

大阪労働局 職業安定部
〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル21階

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau. All rights reserved.